環境

一般研究成果リスト

一般研究詳細 | Detail of Grant Awarded General Researches

研究課題 | Project

多摩川中流域におけるカヤネズミ生息情報マップの作成と保全の提言
Making the Inhabiting information map about Micromys minutus in mid-stream of Tama river and suggestion of the conservation

一般研究
General
Research
No.235
代表研究者
Principal
Investigator
井上太志
Futoshi Inoue
所属(当時)
Affiliation
(at that time)
自然観察活動チームWild Lives Watchers 代表
Director Wild Lives Watchers
研究内容要約
Research
Summary

多摩川中流域の河川敷を対象に、40箇所の区画を設け、初年度2016年6月19日~11月26日、次年度2017年6月10日~12月3日に球巣調査を実施した。その結果、全16箇所、全91巣が2ヶ年の調査で確認された。巣材はオギが最も多く、全体の86.8%を占めており、架巣高は全体平均70.8%と高い位置に架巣される傾向が見られた。浅川との合流点付近より下流側では巣が確認されなかった。

多摩川の日野市付近河川敷に区画を設け、2017年10月25日、29日、30日の計3日出水後の再営巣状況調査を実施した。その結果、7日後の調査で再営巣が確認された。

多摩川の日野市付近河川敷に自動撮影装置を、第一回2016年10月9日~10月16日、第二回2017年4月8日~5月14日、第三回2017年10月30日~11月11日の計3回設置した。その結果、それぞれ55回、25回、0回が得られた。撮影時間帯は、第一回は日没後4~7時間、第二回は日没後8時間と深夜に多く活動が見られ、最も早い活動時間は日没後16分であった。


本調査の結果及び得られたデータを元に作成したカヤネズミの生息情報マップは、国土交通省関東地方整備局京浜河川事務所多摩出張所など河川管理計画に関与する各方面へ提出し、今後河川整備が行われる際にカヤネズミへの配慮が行われるよう啓発し、必要に応じて実際の保全検討等に関与していく予定である。また、詳細なデータは多摩川に関連する各種団体へ提供し、今後の多摩川における生物資源情報の活用に生かされるよう普及していく予定である。



I surveied nest of Micromys minutus how set up 40 spots from 19th June 2016 to 26th November and 10th June 2017 to 3th December 2018.

Result, I Found 16 areas and 91 nests for two years.

What the nest composed by some Miscanthus sacchariflorus, accounted 86.8 persents.

The most nests was made in high position, the average was 70.8 persents

I couldn’t find some nests in down Tama river.

I surveied nest of Micromys minutus that remake after a flood, how set up in Hino City of Tama riverside for 25th October, 29th,30th.

Result, I found a nest after 7 days after a flood.

I put a sensorcamera in Hino City of Tama riverside for 3 times, 9th October 2017 to 16th October 2017 in first time, 8th April 2017 to 14th May 2017 in second time, 30th October 2017 to 11th November 2017 in third time.

Result, camera took 55movies in first time,25movies in second time,0movies third time.

In first time, the mouse act in 4 to 7 hour after sunset.

In second time, the mouse act trend can be seen in 8 hour and midnight.

It was 16minuittes the most mouse’s activity in early time.


I submitted a aboido map about Micromys Minutus to Ministry of Land, infrastructure and transport Kanto regional developmant bureau Keihin river office.

When there are some river developments, I’ll be taking part in conservate investigate of Micromys minutus.

I’ll provide for this surveying datas to some conservate organizations.


共同研究者
Collaborators

研究全文
Full Text