環境

一般研究成果リスト

一般研究詳細 | Detail of Grant Awarded General Researches

研究課題 | Project

多摩川中流域におけるオイカワをマーカーとしたマイクロプラスチック汚染調査
Investigation of microplastic contamination using Oikawa as a marker in the middle reaches of the Tama River

一般研究
General
Research
No.248
代表研究者
Principal
Investigator
伊藤 教行
Noriyuki ITOH
所属(当時)
Affiliation
(at that time)
特定非営利活動法人R.I.La理事
Non-Profit Organization R.I.La,Director
研究内容要約
Research
Summary

2019年に実施された調査では、結果として調査を実施した多摩川中流部の汚染状況は、非常に深刻な状況であることが確認された。検体として捕獲されたオイカワの95%以上からマイクロプラスチックが検出されたのである。

そして検出されたマイクロプラスチックの全部が一次マイクロプラスチックであり、95%が繊維状の形態のもの、5%がマイクロビーズであった。検出したマイクロプラスチックの画像からも明らかのように、多くは水再処理センターから排出された一次マイクロプラスチックであることが推測される。



A survey conducted in 2019 confirmed that the pollution situation in the middle stream of the Tamagawa River, which conducted thesurvey as a result, was very serious. Microplastics were detected from more than 95% of oikawa captured as a specimen.

And all of the detected microplastics are primary microplastics, 95% of those of fibrous mobile, 5% were microbeads. As revealed from the microplastic images detected, many are presumed to be primary microplastics discharged from the water reprocessing center.


共同研究者
Collaborators

内野 真奈美

床鍋 義博

越前 悦子

長谷川 博之

山崎 充哲



Manami UCHINO

Yoshihiro TOKONABE

Etuko ECHIZEN

Hiroyuki HASEKAWA

Mituaki YAMASAKI


研究全文
Full Text