環境

学術研究成果リスト

学術研究詳細

研究課題 | Project

都市型河川における魚類の遺伝的多様性
Genetic diversity of the Japanese daces,genus Tribolodon,in urvan Tama River system

学術研究
Academic
Research
No.337
代表研究者
Principal
Investigator
吉永龍起
Tatsuki Yoshinaga
所属(当時) 北里大学海洋生命科学部・准教授
Kitasato University School of Marine Biosciences Associate Professor
研究内容要約
Research
Summary

多摩川水系におけるウグイ属魚類の遺伝的多様性を明らかにするため、全域から標本を採集し、ミトコンドリアDNA調節領域の部分塩基配列を比較した。

本研究で解析した標本は、ウグイ(n=253)とマルタ(n=192)の2種・亜種からなっていた。

解析した全標本のうち17個体では遺伝子解析および形態形質(側腺感覚管と婚姻色)による分類結果が一致せ式交雑が生じている可能性が示唆された。

多摩川水系の源流域および上流域ではウグイのみが出現し、下流域では2種・亜種が同所的に分布していた。ウグイでは計36ハプロタイプが検出され、うち16タイプは放流個体群の産地である魚野川および琵琶湖のそれらと共有されていた。

一方、上流域では固有のハプロタイプを持つ個体群が生息しており、これらは多摩川水系に固有の個体群である可能性が示唆された。

マルタでは4ハプロタイプしか検出されず、いずれも放流に由来するものと考えられた。



To examine genetic variations of the Japanese daces in the Tama River,Japan,specimens from a‖ area of the river system were used to compare their pahial DNA nucleotide sequences of the mito-chondrial DNA d―loop region with those fronl the oher localities.

The specimens examined in this study consisted of the species/subspecies of Triolodon hakonensis(n=253)and T.brandtii maruta(n=193).

Among them,inconsistent species identincation between genetic and morphologicat traits,

breeding color and cephalic lateral― line systems,were found in 17 specimens,suggesting a possible

hybridization betteen the two species/subspecies.

T.hakonensis Solely appeared in the headwater and upper reach of the river systelm,whereas the two species/subspecies sympatrically distributed at the lower reach.

Among 36 haplotypes detected in T.hakonensis,16 types were shared in those at dirercnt stations in the Tama River and those from Uono River and Biwa Lake where the transplantation originated.

The specimens at upper reach,however,possessed unique haplotypes from those at lower reach and other localities,indicating that they were endemic population in the river.

In contrast,only four haplotypes were detected in T.brandtii maruta specimens,and were all considered to be transplantation origin.


共同研究者
Collaborators

井田齋 北里大学・名誉教授

奥山文弥 東京海洋大学・客員教授

白鳥史晃 北里大学大学院海洋生命科学研究科・大学院生

阪圭介 北里大学海洋生命科学部・学部生

深井則孝 北里大学海洋生命科学部・学部生



Hitoshi lda

Fumiya Okuyama

Fumiaki Shirotori

Keisuke Saka

Noritaka Fukai


研究全文
Full Text