環境

学術研究成果リスト

学術研究詳細

研究課題 | Project

多摩川集水域50地点定期モニタリングによる放射性セシウム蓄積スポット調査
Multipoint monitoring for accumulation survey of radioactive cesium in Tamagawa River Watershed

学術研究
Academic
Research
No.338
代表研究者
Principal
Investigator
小池裕也
Yuya Koike
所属(当時)
研究内容要約
Research
Summary

「多摩川集水域における底質中の放射性セシウムの30年後を見据えた挙動解析」の成果をふまえ、多摩川集水域50地点で同一時期のサンプリングを行った。

さらに厳選した25地点において四半期毎の調査を実施することで季節変動を観測した。

奥多摩湖や支流上流域から溶存態セシウムが検出されたことから、中流・下流域の溶存態セシウムの供給源であることが考えられる。

現在の多摩川集水域の溶存態セシウム濃度は非常に低いオーダーで存在しているが、奥多摩湖や支流上流域では依然として検出できるレベルで存在している。

底質中放射性セシウムは、多摩川本流では下流域で濃度が高く、支流では上流域で濃度が高い傾向にあったことから、本流と支流では底質の移行形態に違いが確認された。

溶存態セシウム及び底質中放射性セシウムの濃度分布、底質試料の化学分析結果より奥多摩湖や支流上流域が放射性セシウムの蓄積スポットであると推定することができた。



Based on the results of “Behavior analysis of radioactive cesium in sediment sampled at Tamagawa River Watershed for 30 years later”, radioactive cesium in river water and sediments sampled at 50 points in Tamagawa River watershed, concluding main and tributary stream, were measured for behavior analysis in December 2017.

Furthermore, seasonal variation in the concentration of radioactive cesium in rivers was observed by conducting quarterly surveys at 25 selected locations.

Dissolved and suspended cesium concentration in the present Tamagawa River watershed exists in very low order.

The dissolved cesium was detected from Lake Okutama and the upper tributaries.

The concentrations of radioactive cesium in sediments sampled at the tributaries and lower main stream were high compared to upper and middle main stream.

Monitoring result suggested that Lake Okutama and the tributaries are considered to be one of the sources of radioactive cesium to the mainstream.

Considering the concentration distribution of radioactive cesium in rivers and chemical analysis of sediment samples, it is estimated that radioactive cesium is accumulated in Lake Okutama and upper tributary basin.


共同研究者
Collaborators

萩原健太



Kenta Hagiwara


研究全文
Full Text