環境

学術研究成果リスト

学術研究詳細

研究課題 | Project

多摩川源流域における「耕作跡地の二次草原」の生物多様性とその時空間動態
Plant species diversity of semi-natural grassland and its spatiotemporal change in the upstream of Tamagawa river

学術研究
Academic
Research
No.350
代表研究者
Principal
Investigator
今井 伸夫
Nobuo IMAI
所属(当時) 東京農業大学准教授
Tokyo University of Agriculture,Associate Professor
研究内容要約
Research
Summary

多摩川源流域の小菅村において、半自然草地の生物多様性に及ぼす土地利用履歴の影響を調べた。

伝統的管理が行われている半自然草地の面積は、1940年代から現代にかけて急速に減少していた。

逆に、かつて耕作されていたが放棄され草地管理はされている「耕作跡地」の半自然草地の面積が増え、現在みられる草地の大半を占めていた。

植物の種・系統的多様性や希少種数は、伝統的管理草地で高く、「耕作跡地」の半自然草地では著しく低かった。

「耕作跡地」の半自然草地では、埋土種子相に草原性希少種が見られなかった。

したがって、草原性種の種子散布制限がこの草地の種多様性の低さに寄与している可能性が示唆された。



We studied the land-use legacy effects on plant species and phylogenetic diversity in semi-natural grassland in Kosuge village at the upstream of Tamagawa river.

Traditional semi-natural grassland drastically declined from 1940’s to present.

By contrast, the area of the semi-natural grassland which has been cultivated, abandoned, and managed for various agricultural purposes has increased.

Plant, rare-species, and phylogenetic diversity were substantially higher in the traditional than in the “previously-cultivated” grassland. Seed bank of rare species was absent in the “previously-cultivated” grassland, indicating that the dispersal limitation of rare species may contribute to low diversity in the grassland.


共同研究者
Collaborators

加藤 拓

下嶋 聖

町田 怜子

宮林 茂幸



Taku KATO

Hijiri SHIMOJIMA

Reiko MACHIDA

Shigeyuki MIYABAYASHI


研究全文
Full Text