環境

学術研究成果リスト

学術研究詳細

研究課題 | Project

多摩川流域所在アーカイブズの情報集約・公開に関する調査・研究―地域持続のために一
Fundamental study on information sharing of archives located in Tamagawa River basin:For local sustainability

学術研究
Academic
Research
No.341
代表研究者
Principal
Investigator
宮間純一
Junichi Miyama
所属(当時) 中央大学文学部 人文社会学科 准教授
Chuo University Faculty of Letters,Department of Socio Studies Associate professor
研究内容要約
Research
Summary

本研究では、多摩川流域地域における歴史的文書の所在情報を収集し、共有化するための基礎作業を行った。

近年、大規模災害が相次いで発生し被災地域に危機的状況をもたらしている。

一方で、高度経済成長期以来の地域社会の衰退、人口減少等によつて「地方消滅」が現実味を帯びてきた。

その中で、地域の歴史を記録した文書も散逸の危機に直面している。

これを受けて、歴史資料に携わる人びとはそうした文書を救い出し、保全し、継承してゆくための取り組みを一層本格化させてきた。

また、保存するだけではなく、地域社会の歴史的資源であるアーカイブズを「地域持続」のために活用することも模索されている。

このような動向をふまえて、本研究では、各自治体が刊行する古文書目録などから多摩川流域地域における歴史的文書の所在情報を可能な限り収集し、今後の活用のための基盤構築に取り組んだ。

調査の過程では、いくつかの未整理文書群も発見し、それらの整理にもあたつた。

さらに、いかなる保存・活用が望ましいのかを議論するために、シンポジウムを開催して地域の研究者・専門職らと意見交換を行った。



In this study,fundamental researches for sharing of archives located in Tamagawa River basin.

ln recent years,large・scale disasters have occurred one atter another,resulting in crisis situations in the affected areas.

And "local disappearance" has become realisdc due to the decline of the community and the decrease of population.

In such a social situation,private archives in regions also face a crisis of dissipation.

Histonans,curators and other professionals have worked to rescue and preserve such archives in order to inherit historical resources for regions.

Not just preservation,utilization of archives is considered to be for"local sustainability".

Based on these trends, we collected private archives information from catalogs published by local governments h the Tamagawa River basin.

While collecting information,some unorganized archives were found.

We have also done their research.

Furthermore,by hoolding a symposium,we discussed wtth local researchers and professionals about the preservation and utilttation of archives.


共同研究者
Collaborators

太田尚宏

清水裕介

西村慎太郎

保坂一房

松尾正人

吉岡拓



Naohiro Ota

Yusuke Shimizu

Shintaro Nishimura

Kazuhusa Hosaka

Masahito Matsuo

Taku Yoshioka


研究全文
Full Text