環境

学術研究成果リスト

学術研究詳細

研究課題 | Project

多摩川河口域における水生菌類の多様性と有機物分解機能の評価
Fungal diversity and their roles in organic matter decomposition in Tama River estuary

学術研究
Academic
Research
No.346
代表研究者
Principal
Investigator
鏡味 麻衣子
Maiko KAGAMI
所属(当時) 横浜国立大学大学院 環境情報研究院教授
Graduate School of Environment and Information Sciences ,Professor
研究内容要約
Research
Summary

河川の上流域ではカビやキノコの仲間である真菌類が落ち葉など有機物分解に重要な役割を果たすが、下流における多様性や機能は不明であった。

本研究により多摩川の下流においても多様な真菌類が存在し、その群集組成は、瀬や淵、バイオフィルムといった局所的な環境間で異ることがわかった。

特に瀬の表層水中には正体不明の真菌類が多く検出され、様々な有機物を分解する特性を有することが判明した。

淵では陸上植物と共生する外生菌根菌が最も多く検出された。

多摩川河口から東京湾内湾におけて真菌類群集組成に勾配が見られたことからも、大雨や台風による流量の増大は、陸域からの真菌類の流入を促し水中の真菌類群集組成に影響したと推察された。

今後は河川水中に生息する正体不明の菌の生態を明らかにし有機物分解に果たす役割を解明することで、河川の汚染汚濁問題の解決や水質管理、生態系保全につなげられると期待される。



Fungi are known to play important roles as decomposers of leaf litters in the upstream of rivers.

Yet, their roles in the downstream and estuaries are still not known.

This study revealed diverse fungi existed even in the downstream of Tama river, and the community composition differed between microhabitats (riffles, pools and biofilm).

The fungi detected in riffles were mainly unidentified fungi whose ecology are unknown.

They turned out to be able to utilize diverse substrates. In pools, dominant fungi are ectomycorrhiza which lived on the plant roots in the soil.

Gradient of fungal community composition from estuary to inner Tokyo bay also suggested that typhoon and heavy rains might have facilitated the inputs of terrestrial fungi into the water.

We need to clarify the ecology of unidentified fungi and their roles in the organic matter decomposition to contribute to the water and ecosystem management.


共同研究者
Collaborators

三木 健



Takeshi MIKI


研究全文
Full Text