環境

学術研究成果リスト

学術研究詳細

研究課題 | Project

多摩川水系におけるニホンウナギの保全のための資源生態調査
Ecological study for conservation of Japanese eels in the Tama River water system

学術研究
Academic
Research
No.347
代表研究者
Principal
Investigator
黒木 真理
Mari KUROKI
所属(当時) 東京大学大学院農学生命科学研究科助教
Graduate School of Agricultural and Life Sciences, The University of Tokyo,Assistant Professor
研究内容要約
Research
Summary

首都圏の人口密集地を流れる代表的な都市河川の多摩川水系において、ニホンウナギの資源生態を把握するための調査を実施した。

2年間を通じた採捕調査により、計73個体が採集され、とくに水温の上昇する夏季に多く出現した。

これらの年齢は1〜6歳で、成長速度は利根川の個体群とほぼ同様であった。

胃内容物調査では空胃の個体が多かったが、生息流域により異なる生物を摂餌していた。

また、耳石酸素炭素安定同位体比に基づく由来判別の結果、1個体以外は天然個体と判別された。

一方、養殖由来の放流個体と判別されたオスの個体は、少なくとも数ヶ月は下流の放流地点付近に留まって生残していたものと推察された。

さらに、河川水の環境DNAメタバーコーディング法を適用し、多摩川本流・支流あわせて19地点で環境DNAの検出を行ったところ、15地点でニホンウナギのeDNAが検出された。

本研究により、多摩川水系では生息密度は低いものの、都市型河川に適応して天然のニホンウナギが生息していることが明らかとなった。



A survey was conducted to understand the ecology of the Japanese eel in the Tama River water system, a typical urban river flowing through densely populated areas near the Tokyo Metropolitan.

A total of 73 individuals were collected during a two-year survey, with eels frequently being caught in the summer.

The ages of these individuals ranged from one to six years old.

Stomach contents analysis showed that the eels consumed different organisms depending on their habitat, although most of the eels had empty stomachs.

Otolith stable isotope ratio analyses revealed that all but one individual were identified as being wild eels.

One male eel was determined to be of aquaculture origin, which was collected a short distance downstream of a stocking site, and it had stayed near the release site for at least several months.

Furthermore, environmental DNA metabarcoding analysis detected the DNA of Japanese eels at 15 sites in the Tama River system.

These results indicate that wild individuals of the Japanese eel were well adapted to this urban river near the Tokyo Metropolitan, although their density was not high.


共同研究者
Collaborators

山川 卓

水田 颯生

北見 駿也

工藤 聖也



Takashi YAMAKAWA

Fuki MIZUTA

Shunya KITAMI

Seiya KUDO


研究全文
Full Text