環境

学術研究成果リスト

学術研究詳細

研究課題 | Project

多摩川中流域の湧水水路網における景観構造の解明と保全・活用方策の提案
Elucidation of Landscape Structure in Spring Water Channel Network in Middle Basin of Tamagawa River and its Proposal of Conservation and Utilization Measures

学術研究
Academic
Research
No.344
代表研究者
Principal
Investigator
矢澤  優理子
Yuriko YAZAWA
所属(当時) 千葉大学大学院 園芸学研究科 環境園芸学専攻
Chiba University Graduate School of Horticulture, Department of Environmental Horticulture
研究内容要約
Research
Summary

本研究は、多摩川中流域の特徴的な自然環境である崖線由来の湧水に起因する水路網の景観構造について、その特徴の解明と水路網の保全・活用方策の提案を行うものである。

湧水が形成する水路網を有する多摩川流域の8市を対象に、植生、地形、周辺土地利用から水路の景観構成要素を把握するとともに、アンケート調査により地域住民が好ましいと感じる水路景観の特徴を明らかにした。

調査の結果、対象地域における水路は住宅や森林など8つの要素から構成され、水路景観を創出していた。

また、それらの要素の違いから対象水路の空間タイプは4タイプに分類できた。

さらに、アンケート調査の結果を相関分析と因子分析を用いて分析したところ、好ましいと感じられる水路景観には、①過度に多すぎない植栽の緑があること、②水面が見えること、③建築物や植栽により閉鎖的な空間になっていないこと、④水路全体の雰囲気が開けていて明るく感じられ,趣があることが必要であることが示唆された。



This study clarified the landscape structure of water channels formed by spring water as well as a proposal for its conservation and effective application plan.

In eight cities of the Tamagawa river basin, the water channels landscape was perceived by the existing vegetation, topography, and land-use around the water channel. In addition, characteristics of the water channel landscape that are preferred by citizens were clarified by questionnaire research.

The result shows the water channel landscape is formed by eight types of elements, for example, residentials and forest. Furthermore, target water channels were classified into four types based on these elements.

For the questionnaire research, the questionnaires were analyzed with correlation analysis and factor analysis. The analysis results suggested that the preferred water channel landscape by people has properly managed vegetation, visible water surfaces, and an open and bright atmosphere.


共同研究者
Collaborators

-



研究全文
Full Text