環境

学術研究成果リスト

学術研究詳細

研究課題 | Project

多摩川上流部の里山林における菌類多様性評価 -里山林は樹木共生性きのこの 種多様性の受け皿となりうるか-
Evaluation of ectomycorrhizal fungal diversity in secondary forest “satoyama” nearby the Tama-river.

学術研究
Academic
Research
No.342
代表研究者
Principal
Investigator
田中恵
Megumi TANAKA
所属(当時)
研究内容要約
Research
Summary

森林生態系には多種多様な生物種が存在し、生物種間、あるいは環境と相互に影響を与えることにより複雑な循環系が維持されている。

生物種の中でも、菌根菌は地下部で樹木と共生することにより、宿主樹木の環境適応性を高めていることがわかっている。

また菌根菌はそれ自体が希少性・経済的価値を有する種であることが多い。これらの菌類多様性をアカマツ-コナラ二次林において調査した。

その結果、全体の菌根菌リソースは27科41属187種にわたり、菌根菌種の多様性は比較的高いことがわかった。

調査地の外生菌根共生の主体となりうる菌根菌はベニタケ科、イボタケ科、テングタケ科などであること、採取区ごとに特徴的な菌根菌種が存在し、宿主樹種の異なる林分タイプによって菌類の群集構造に違いがあることもわかった。

里山林は複雑な林分タイプが小面積にモザイク状の構造を持つことが多いが、この里山林の構造的な特徴が種多様性を押し上げる要因になっている可能性が考えられた。



Forest ecosystems have include numerous species diversity, and their biological interaction have ecological cycling maintained.

Ectomycorrhizal fungi are symbionts with host tree species belowground and trees enhance their environmental adaptability.

In addition, rare fungal species with high economic value are often found such as these "satoyama" secondary forest, but these species have not been grasped at all.

As our research result, ectomycorrhizal fungal species were classified from 187 species, 41 genera, and 27 families and their species diversity was relatively high. Dominant species were belong to Russulaceae, Inocybaceae, and Amanitaceae.

Further, there were unique mycorrhizal fungal species for each sampling area or each different host tree species.

It was also found that there are differences in fungal community structure depending on forest type. "Satoyama forests" often have complexity forest types with small and patchy structure, and it is possible that the structural features of the forests might be a factor that increases species diversity.


共同研究者
Collaborators

白川誠

石川陽

渕上拓朗



Makoto Shirakawa

Akira Ishikawa

Takuro Fuchigami


研究全文
Full Text