環境

学術研究成果リスト

学術研究詳細

研究課題 | Project

多摩川上流域に侵住した大型珪藻外来種の生息状況とその対策に関する研究
Study on the habitat status of alien species of large diatoms invading the upper reaches of the Tama River and their countermeasures

学術研究
Academic
Research
No.358
代表研究者
Principal
Investigator
田中 正明
Masaaki TANAKA
所属(採択当時)
Affiliation
四日市大学生物学研究所
Biological Research Laboratory, Yokkaichi University
研究内容要約
Research
Summary

筆者らは、本研究において、多摩川に出現したCymbella janischiiについて、SEMを用いて詳細な形態を明らかにした。

本研究によって初夏にもマット状の群落を確認した。

大型珪藻の出現の状況を、従来の細胞数の計数で把握する方法だけでなく、細胞の容積を計測する方法を試み、良好な結果を得た。

上流ダムからのシルトの流下が続いたことで植生の回復が認められない状況であった。

このため、本種の除去、対策を考える実験が実施できず極めて残念な結果であった。



The authors used SEM to clarify the detailed morphology of Cymbella janischii that appeared in the Tama River.Through this study,we confirmed mat-like colonies even in early summer. We also attempted to understand the appearance of large diatoms not only by counting the number of cell, but also by measuring the capacity of the cells, and obtained good results.Silt has continued to flow down from the upstream dam,and the previous vegetation has not recovered for a long time.It was extremely regrettable that we were not able to conduct experiments to remove C.janischii or to consider countermeasures.


共同研究者
Collaborators

小川 束


Tsukane OGAWA

研究全文
Full Text