環境

学術研究成果リスト

学術研究詳細

研究課題 | Project

多摩川の流域周辺に生息するワカケホンセイインコ(Psittacula krameria manillennsis)など、野生化した飼い鳥から人に感染する病原体の調査
Investigation of pathogens that infects humans from wild birds that was pet birds, such as the rose-ringed parakeet (Psittacula krameria manillennsis)that inhabitats near Tama River

学術研究
Academic
Research
No.356
代表研究者
Principal
Investigator
佐々 悠木子
Yukiko SASSA
所属(採択当時)
Affiliation
東京農工大学農学研究院
Tokyo University of Agriculture and Technology, Graduate school of Agriculture
研究内容要約
Research
Summary

多摩川流域周辺にねぐらを有するワカケホンセイインコ(Psittacula krameria manillennsis)の糞便80検体を収集し、トリボルナウイルス、クラミジア、アストロウイルスの検出をPCRにより試みた。

また、サルモネラについての培養検査を行なった。

その結果、トリボルナウイルスおよびサルモネラについては全ての検体で陰性であり、クラミジアは13検体(16.2%)、アストロウイルスは1検体(1.2%)で陽性であった。

今後はPCRで陽性であった検体が目的の微生物を検出していたかどうかを確認するため、塩基配列の決定や病原体の分離を試みる必要がある。



The 80 feces of Rose-ringed parakeet were collected near Tama river, and subjected to PCR detection of avian bornavirus,Chlamydia, and astrovirus. And Salmonella detection was performed by culture. All samples were negative for avian bornavirus and Salmonella. Chlamydia was positive for 13 samples (16.2%), and Astrovirus was positive for 1 sample(1.2%). The determination of nucleic acid sequence and isolation of microorganisms must be performed to confirm the results of PCR for positive samples.


共同研究者
Collaborators

村上 智亮
福士 秀人
堀江 真行
林谷 秀樹


Tomoaki MURAKAMI
Hideto FUKUSHI
Masayuki HORIE
Hideki HAYASHIDANI

研究全文
Full Text