文化・芸術

五島記念文化賞

五島記念文化賞 (平成27年度新人賞)

Avatar

堀江 栞 ほりえ しおり

日本画

下記プロフィールは受賞時の情報を掲載しております

多摩美術大学美術学部絵画学科日本画専攻卒業

人や事物との出会いの瞬間に感じた他者の「存在の強度」を、いかに表現し、いかに自分のなかに取り込んでいくか、その模索の過程自体を創作の柱とする。表現媒体としては、和紙と岩絵具を用い、とくに後者の可能性を深く追求する。それによって、他者だけでなく、自身が受け止めた「存在の強度」をも、具体的な形象に転換していく。

個展として、2014年「特別企画・堀江栞個展」(加島美術/東京)、2015年「Art Fair Tokyo 2015」での「堀江栞展」(加島美術/東京国際フォーラム・東京)を開催。グループ展では、「Young Art Taipei 2015」(ATSUKO BAROUH arts drinks talk/SHERATON GRANDE TAIPEI、台湾・台北)に参加。また、『献灯使』(多和田葉子著・講談社2014年)装画•挿画、2015年2月より、隔月誌『こころ』(平凡社)装画と巻頭の小エッセイを担当。

本財団助成による海外研修

2016年3月からフランス・パリを拠点として、研修を開始する。生活空間に根付いた固い精神の芽を摘み取り、四季を通じて、描きたい対象のさまざまな姿を、「自分の眼で」まっすぐに観察し、制作に活かしていきたい。

これまでの主な受賞歴

2011第11回福知山市佐藤太清賞公募美術展 特選・板橋区長賞
2012第29回FUKUIサムホール美術展 奨励賞
2015第6回東山魁夷記念日経日本画大賞展 入選

平成27年度五島記念文化賞

名前をクリックするとプロフィールが御覧頂けます。

部門名前受賞対象所属(受賞時)研修地
オペラ荒井 美礼コレペティトゥアベルギー・ゲント/ドイツ・シュトゥットガルト
オペラ佐藤 優子ソプラノ二期会会員イタリア・ヴェローナ
オペラ山本 康寛テノールイタリア・パルマ
美術小瀬村 真美映像アメリカ・ニューヨーク
美術堀江 栞日本画フランス・パリ

堀江 栞 美術新人賞研修帰国記念 

堀江 栞の成果発表の模様はこちらをクリック

堀江 栞 美術新人賞研修帰国記念 の模様

「声よりも近い位置」

堀江 栞

五島記念文化財団(現東急財団)の研修生として海外研修先にパリを選んだのは、自分が生まれた土地であるという親しみを感じていただけでなく、さまざまな人が集い、複数の価値観が共存する場所で、絵を描きたかったからです。

制作にあたって心がけているのは、モチーフを目の前に置き、距離を縮め、観察を重ねて描いていくことです。対象は、いつもすぐそこに、でも見えないところにあります。長い時間にわたって対話を続けることで彼らに近づき、静かに発せられる声を、なんとか聴き取りたい。展覧会の総タイトルを「声よりも近い位置」としたのは、そのような願いを込めてのことです。

かつて私は、動物や石、人形などをモチーフにしていました。傷つけられ、痛みを負い、哀しさや辛さを抱えた存在のありようが、そこに表出されているように感じられたからです。「人」を描くことは、どうしてもできませんでした。しかし、今回のパリ留学をきっかけに、これまでと違う風景が見えてきました。「個」としての「人」からも、声が聴き取れるように感じられたのです。

「痛みを負った哀しさや辛さを抱えている者」たちの声。周囲に、社会に、歴史に踏みつぶされることなく立ち上がる、強い意志を持った小さな声。私がそこに共鳴したのは、これまで自分を取り囲んできた空気に、どこかなじめなかったからかもしれません。単なる共感からだけではなく、彼らの抗いの姿勢を継承するために、「人」を描いてみたいと、はじめて思ったのです。

私には、有機溶剤に対するアレルギーがあります。油絵具やアクリル絵具等の、化学物質が入った画材を使うことができません。天然素材由来の画材だけを使える日本画科に進学して以来、岩絵具 と顔料、膠だけで絵を描いています。自分が唯一扱えるという理由で選んだ画材でしたが、描くほどに、素材の奥深さに魅せられていきました。今では、岩絵具の粒子の一粒一粒が、自分の描きたい存在を形作っているような気がしています。

今回の研修帰国記念展では、この数年描いてきた人物画を中心に、これまで装画、挿画を担当した本の原画、パリの写真も展示いたします。

会期|会場2021年4月3日(土)〜4月17日(土) | Space√K
2021年4月3日(土)〜5月15日(土) | √K Contemporary
開場住所新宿区南町6
Tel: 03-6280-8808 Fax: 03-6280- 8809
Email:
www.root-k.jp
開場時間11:00~19:00
休館日日、月曜日

 

会期2021年5月29日(土)〜6月12日(土)
会場加島美術
中央区京橋3-3-2
Tel: 03-3276-0700 Fax: 03-3276-0701
Email:
www.kashima-arts.co.jp
開場時間10:00~18:00
休館日日曜日

 

平成33年度 海外研修成果発表のご紹介

谷原菜摘子(美術) 洋画
日時(1)2021年5月26日(水)〜6月6日(日)
(2)2021年5月26日(火)〜6月20日(日)
場所(1)上野の森美術館ギャラリー
(2)MEM
堀江栞(美術) 日本画
日時(1)2021年4月3日(土)〜4月17日(土)
(2)2021年4月3日(土)〜5月15日(土)
(3)2021年5月29日(土)〜6月12日(土)
場所(1)Space√K
(2)√K Contemporary
(3)加島美術