文化・芸術

五島記念文化賞

五島記念文化賞 (平成26年度新人賞)

Avatar

宮本 佳美 みやもと よしみ

洋画 福岡県出身 大阪府在住

下記プロフィールは受賞時の情報を掲載しております

京都嵯峨芸術大学付属芸術文化研究所研究生修了 卒業制作大学賞受賞
京都市立芸術大学大学院美術研究科絵画専攻修了

活動初期より水彩絵具を何十色も混ぜ合わせて作る黒を使い、綿布にモノトーンの絵画を描く。長期保存処理の施された花を水に沈めた様子を撮影しモチーフとする他、人物や様々なイメージをコラージュしたものに光を当て描く。瑞々しさを失った植物に自ら加工を施し、再び生命感の在る絵画へと描く事により、生と死の間に新たな価値観を生み出す絵画を模索している。

主な個展は、2003年、2008年、ギャラリー16(京都)、2010年イムラアートギャラリー(京都)にて「immortal plant」を開催。2014年イムラアートギャラリー(東京)にて個展開催予定。
グループ展には、2005年「トーキョーワンダーウォール公募」東京都現代美術館(東京)、2006年、2007年「京都府美術工芸新鋭選抜展」京都文化博物館(京都)、2010年「前田寛治大賞展」日本橋高島屋(東京)、倉吉博物館(鳥取)、2012年「VOCA展2012」上野の森美術館(東京)、2013年「水彩画 みずゑの魅力−明治から現代まで−」平塚市美術館(神奈川)など数多くのグループ展に出展している。

本財団助成による海外研修

2015年3月からオランダに滞在し、現地の地理的条件から生み出される独特の光について見極め、光の根源を探るべく研究する。また、各国から集められる多くの花を加工し、生命の造形要素を探究する。更にヨーロッパ各地の美術を見聞し、確固たる構築的表現を学ぶ事を目的に研修する。

平成26年度五島記念文化賞

名前をクリックするとプロフィールが御覧頂けます。

部門名前受賞対象所属(受賞時)研修地
オペラ鬼原 良尚コレペティトゥアオーストリア・グラーツ
オペラ髙橋 絵理ソプラノ二期会会員イタリア・ボローニャ
オペラ山本 耕平テノール二期会会員イタリア・マントヴァ
美術宮本 佳美洋画オランダ
美術谷保 玲奈日本画スペイン

宮本 佳美 美術新人賞研修帰国記念 

宮本 佳美の成果発表の模様はこちらをクリック

宮本 佳美 美術新人賞研修帰国記念 の模様

オランダで研修を終えてから2年後再びオランダを訪れた。

オランダの光は強くて白い。
日本の深緑とは異なる薄い緑が広がる。

Dutch Lightを探して歩き回った2年前、
17世紀オランダ絵画に見られるような当時の光は
人間による環境破壊、空気汚染によって消滅してしまったという結論に至った。
私は、なすすべも無くオランダの空を見つめていた。

しかし、儚く消えゆく、今見える光、今有る命に思いを強め臨んだ今回の訪蘭で、オランダの強い風、急変する天気と光と戦う中、モチーフの花から光と影を必死に拾った。
探していたものをようやく見つけ出した様に思った。

儚く消えゆくものをどれだけ力のあるものとして残すか。
私は光と影を探求し、絵の中にその答えを見出したい。

宮本 佳美

会期2018年9月7日(金)~24日(月・祝)
開場時間12:00~20:00
休館日会期中無休
会場ポーラ ミュージアム アネックス
レセプション2018年9月6日(木)18:30~
トークイベント2018年9月8日(土)16:00~
助成公益財団法人五島記念文化財団
会期2018年10月5日(金)~27日(土)
開場時間12:00~18:00
休館日日・月・祝日
会場イムラアートギャラリー
助成公益財団法人五島記念文化財団

 

平成30年度 海外研修成果発表のご紹介

上田順平(美術) 工芸
日時2019年1月31日(木)~2月17日(日)
場所横浜市民ギャラリー 展示室B1
菅尾友(オペラ) 演出
日時平成30年11月10日(土)~11月11日(日)
場所日生劇場
宮本佳美(美術) 洋画
日時(1) 2018年9月7日(金)~24日(月・祝)
(2) 2018年10月5日(金)~27日(土) 
場所(1) ポーラ ミュージアム アネックス
(2)イムラアートギャラリー
青山貴(オペラ) バリトン
日時2018年7月20日(金)
場所サントリーホール ブルーローズ
小瀬村真美(美術) 映像
日時2018年6月16日(土)~9月2日(日)
場所原美術館
佐藤美晴(オペラ) 演出
日時平成30年6月16日(土)~6月17日(日)
場所日生劇場