文化・芸術

五島記念文化賞

五島記念文化賞 (平成23年度新人賞)

Avatar

岩渕 慶子 いわぶち けいこ

コレペティトゥア 東京都出身 ボローニャ在住

下記プロフィールは受賞時の情報を掲載しております

玉川大学文学部芸術学部卒業。同大学芸術学部副主勤務を経て2005年渡伊。イタリア国立ミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディ音楽院ピアノ科ディプロマ取得、その後同大学院コレペティトゥア科を日本人ピアニストとして初めて修了する。
これまでにピアノを官川(旧・武田)奈々子、岡野哲也,Attilio Martignoni各氏に、またコレペティトゥアをUmberto Finazzi、Vincenzo Taramelli の各氏に師事。
現在、ボローニャ市立歌劇場付属オペラ研修所コレペティトゥアコースに所属。

研修所では、ボローニャ歌劇場に出演する歌手のサポートをするとともに、Bruno Bartoletti(指揮)やRenato Palumbo(指揮)、またFranscisco Araiza(テノール)やSonia Ganassi(メゾソプラノ)他 などの著名な演奏家のマスタークラスにおいてコレペティトゥアを務め厚い信頼と評価を得ている。

主なコレペティトゥアとしての活動は、平成19年『劇場の不都合・好都合』、平成20年、フェスティバル “シルヴィオ・ヴァルヴァーゾ”にて『ブルスキーノ氏』、平成21年、ヴェルディ音楽院200周年記念オペラ企画『小さな煙突掃除屋さん』、さらに平成21・22年、ボローニャ歌劇場シーズン公演では『サロメ』、『イドメネオ』、『愛の妙薬』、『カルメン』、また同歌劇場夏期公演『奥様女中』、『リヴィエッタとトラコッロ』、『ポン・ダピ』、『ミスターシェフレリィ』 にてアシスタントを務める。

本財団助成による海外研修

ボローニャ市立歌劇場付属オペラ研修所修了後、本年7月より拠点をドイツに移し、ドレスデン国立歌劇場(Semperoper)にて研修の予定。ドイツオペラの様々な様式や演奏解釈法習得を目指す。

これまでの主な受賞歴

2009イタリア国立ミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディ音楽院内 歌曲コンクール入賞
2010アブルッツォ・プロジェクト オーディション 1位通過

平成23年度五島記念文化賞

名前をクリックするとプロフィールが御覧頂けます。

部門名前受賞対象所属(受賞時)研修地
オペラ岩渕 慶子コレペティトゥアドレスデン
オペラ佐藤 康子ソプラノイタリア・モデナ
オペラ桝 貴志バリトン二期会会員ニューヨーク
美術宮永 愛子現代美術(彫刻)アメリカ・中南米
美術澤 拓現代美術スイス・北米

 海外研修成果発表のご紹介