文化・芸術

五島記念文化賞

五島記念文化賞 (平成7年度新人賞)

Avatar

柴山 昌宣 しばやま まさのぶ

バリトン 東京都出身

下記プロフィールは受賞時の情報を掲載しております

平成元年国立音楽大学大学院音楽研究科声楽専攻修了。
在学中は、岩淵嘉瑩、長井則文、砂川 稔の各氏に師事。
大学院在学中に、日本オペラ振興会オペラ歌手育成部第8期生を修了。

平成2年にサルディニア島カリアーリ・オペラハウスでロッシーニ「婚約手形」のスルックでイタリアオペラ界にデビュー。
平成3年に日本オペラ協会の「天守物語」で山隅九平を、藤原歌劇団公演「夢遊病の女」でアレッシオを、東京室内歌劇場の「人買太郎兵衛」で太郎兵衛を演じた。
平成4年より1年間私費でイタリアに留学。ミラノ音楽院でマリア・ミネット女史に師事し、ベルガモ歌劇場でロッシーニ「ブルスキーノ氏」のブルスキーノⅠ世を演じる。帰国後、平成6年度の文化庁国内研修員に指名された。
平成7年7月に藤原歌劇団のグノー「ファウスト」のワグネルを、また、9月同歌劇団のドニゼッティ「愛の妙薬」ではベルコーレ軍曹を演じる。

声質は明るいバリトンで、オペラ出演のほか、モーツァルトの「レクイエム」、ヘンデルの「メサイア」などの宗教曲のソリストとしても活躍。

本財団助成による海外研修

平成8年3月から、イタリア・ミラノで研修。

平成7年度五島記念文化賞

名前をクリックするとプロフィールが御覧頂けます。

部門名前受賞対象所属(受賞時)研修地
オペラ天羽 明惠ソプラノ二期会会員ベルリン
オペラ上原 正敏テノール二期会会員ミラノ
オペラ柴山 昌宣バリトン昭和音楽大学重唱研究員、藤原歌劇団準団員ミラノ
美術河合 里佳造形イーストエセックス・カレッジ・オブ・アート・アンド・テクノロジー講師ロンドン
美術柳 幸典造形 デンマーク / ニューヨーク
美術河嶋 淳司日本画 ロンドン / ダブリン

柴山 昌宣 オペラ新人賞研修帰国記念 バリトンリサイタル

柴山 昌宣の成果発表の模様はこちらをクリック

柴山 昌宣 オペラ新人賞研修帰国記念 バリトンリサイタル の模様 柴山 昌宣 オペラ新人賞研修帰国記念 バリトン・リサイタル

1987年国立音楽大学大学院オペラ公演「フィガロの結婚」のフィガロでオペラ・デビュー。90年には、カリアリ歌劇場シーズン開幕オペラ、ロッシーニ「婚約手形」のスルックでイタリア・デビュー。以降、国内外で数多くのオペラに出演する。2001年には、日本オペラ協会「くさびら」山伏、「キジムナー時を翔ける」本多を熱演する。"貫通力のある声の痛快さ"などの高い評価を得ると共に、自然な演技力でも好評を博す。コンサート・ソリストとしても、モーツァルトやフォーレの「レクイエム」、「マタイ受難曲」、「ヨハネ受難曲」、「第九」、「メサイヤ」などの宗教曲や各種コンサートで活躍。本年はオペラ・デビュー15周年の記念の年となり、4月には新国立劇場小劇場オペラ・シリーズ「シャーロック・ホームズの事件簿/告白」のコラム教授で大成功を収める。9月には同シリーズ「なりゆき泥棒」ドン・パルメニオーネに出演。今後も、コンサートの他、多くのオペラに出演が予定され、更なる飛躍を期している。

日時平成14年9月18日(水)
開演19:00
場所紀尾井ホール
主催財団法人 五島記念文化財団
ピアノ栗原 正和
プログラム第1部
A.チェスティ歌劇「オロンテーア」より
『愛する人のまわりに』
G.カリッシミ泣けよ そよ風
F.ドゥランテ愛に満ちた処女
F.J.ハイドン歌劇「アチデとガラテア」より
『美しい目もとを拭い』
W.A.モーツァルト歌劇「フィガロの結婚」より
『もう飛ぶまいぞ、この蝶々』
『準備はできた―目を大きく開いて』
プログラム第2部
G.ロッシーニ最後の思い出
何も言わずに嘆くでしょう
残酷な美しさ
歌劇「絹のはしご」より
『恋よやさしく』
G.ドニゼッティ歌劇「リータ」より
『理想の我が家』

歌劇「ロベルト・デヴリュー」より
『昨日も静かな日だったが』

 

平成14年度 海外研修成果発表のご紹介

柴山昌宣(オペラ) バリトンリサイタル
日時平成14年9月18日(水)
場所紀尾井ホール
佐藤美枝子(オペラ) ソプラノリサイタル
日時平成14年7月12日(金)
場所浜離宮朝日ホール
上原正敏(オペラ) テノールリサイタル
日時平成14年4月1日(月)
場所紀尾井ホール