文化・芸術

五島記念文化賞

五島記念文化賞 (平成7年度新人賞)

Avatar

上原 正敏 うえはら まさとし

テノール 長野県諏訪市出身

下記プロフィールは受賞時の情報を掲載しております

昭和62年国立音楽大学大学院音楽研究科声楽専攻オペラコース修了。
二期会オペラスタジオ第30期修了。
中村 健、畑 和子の両氏に師事。
オペラスタジオ在籍中の昭和61年度文化庁国内研修員に指名されている。
平成4年4月に私費でイタリアに留学しミラノ音楽院で研修。往年の名歌手G.プランデルリ氏をはじめ、A.カンビ、F.アルバネーゼ、D.マッツォーラ、V.ボローニの諸氏に師事。この間、オーディション、コンサートに積極的に参加する。

平成5年ボローニャ歌劇場の東京地区オーディションに合格し、平成6年同歌劇場でのヴェルディ作曲「十字軍のロンバルディア人」の公開ゲネプロでアルヴィーノを演じた。
平成7年1月から2月にかけて同歌劇場で開催されたヴェルディ作曲「マクベス」でマルコムを演じる。また、演出家・指揮者のグスタフ・クーン氏の知己を得、平成6年12月より同氏主宰のアカデミア・モンテグリドルフォの一員となりレッスンを受けている。

本財団助成による海外研修

私費留学に引き続きイタリア・ミラノで研修を続ける。

これまでの主な受賞歴

1993パドヴァ国際コンクール 第2位
1993パヴィア国際コンクール 第3位
1993サンバルトロメオ国際コンクール 第1位および金のオーク賞

平成7年度五島記念文化賞

名前をクリックするとプロフィールが御覧頂けます。

部門名前受賞対象所属(受賞時)研修地
オペラ天羽 明惠ソプラノ二期会会員ベルリン
オペラ上原 正敏テノール二期会会員ミラノ
オペラ柴山 昌宣バリトン昭和音楽大学重唱研究員、藤原歌劇団準団員ミラノ
美術河合 里佳造形イーストエセックス・カレッジ・オブ・アート・アンド・テクノロジー講師ロンドン
美術柳 幸典造形 デンマーク / ニューヨーク
美術河嶋 淳司日本画 ロンドン / ダブリン

上原 正敏 オペラ新人賞研修帰国記念 テノールリサイタル

上原 正敏の成果発表の模様はこちらをクリック

上原 正敏 オペラ新人賞研修帰国記念 テノールリサイタルの模様 上原 正敏 オペラ新人賞研修帰国記念
リリコ・レッジェーロ・テノール・リサイタル

1996年、京都オペラ声楽コンクール第1位、ハンガリー・ブタペスト国際コンクール第1位を受賞。この受賞は大きな転機となり、その後アレーナ・ディ・ヴェローナ、ハンガリー国立劇場、ボローニャ・アレーナ・デル・ソーレ劇場、フィナーレ・エミーリア劇場、ドイツ・オルデンブルグ歌劇場などにおいて「ファルスタッフ」、「ラ・ボエーム」、「ドン・パスクアーレ」、「夢遊病の女」、「リゴレット」、「ナブッコ」、「仮面舞踏会」、「メリーウィドウ」、「愛の妙薬」など多数のオペラで活躍する。ソリストとしても、ニューヨーク・カーネギーホール、ミュンヘン・コンサートホール、ブラジル・サンパウロオペラ劇場、ミラノコンセルバトーリオ・ヴェルディホールなどにおいて、バイエルン放送管弦楽団、ミラノ・ヴェルディオーケストラ、パルマ・トスカニーニオーケストラなど多数のオーケストラと共演コンサートを行う。国内でも、95年にサントリーホール公演グスタフ・クーン指揮「リゴレット」でマントゥバ公爵役でレナード・ブルゾンと歌い絶賛され、96年「6テノールコンサート」に唯一の日本人として出演する。

日時平成14年4月1日(月)
開演19:00
場所紀尾井ホール
主催財団法人 五島記念文化財団
ピアノフランコ・マッサーロ
プログラム第1部
G.サルティ愛しい人から遠く離れて
A.スカルラッティ
E.P.トスティ四月
もう 愛さない
最後の唄
V.ベッリーニ回想
G.ドニゼッティ歌劇「愛の妙薬」より
『人知れぬ涙』
プログラム第2部
F.リスト「ペトラルカの三つのソネット」
心に平安を見つけられず
讃えようあの日を
私は地上で見た
P.チマーラ海辺の情景
雪が降ります
海のストルネッロ
G.プッチーニ約束は偽りだった
愛と太陽
G.ドニゼッティ歌劇「アルバ公爵」より
『美しき天使のような君』

 

平成14年度 海外研修成果発表のご紹介

柴山昌宣(オペラ) バリトンリサイタル
日時平成14年9月18日(水)
場所紀尾井ホール
佐藤美枝子(オペラ) ソプラノリサイタル
日時平成14年7月12日(金)
場所浜離宮朝日ホール
上原正敏(オペラ) テノールリサイタル
日時平成14年4月1日(月)
場所紀尾井ホール