文化・芸術

五島記念文化賞

五島記念文化賞 (平成6年度新人賞)

Avatar

袴田 京太朗 はかまた きょうたろう

彫刻 静岡県浜松市出身

下記プロフィールは受賞時の情報を掲載しております

昭和62年武蔵野美術大学造形学部彫刻科卒業。
「卒業制作展」では優秀賞を受賞。最上壽之氏に師事。

以後、今日まで毎年、かねこ・あーとギャラリー、ときわ画廊、ギャラリー・トランスメディウム、モリス・ギャラリー、ギャラリー西麻布アサクロス、ヒルサイド・ギャラリー、ギャラリー日鉱(以上いずれも東京)、アクテクト大宮(埼玉)、IBM川崎市民ギャラリー(神奈川)などで個展を開催している。
グループ展にも、東京や千葉の各地の展覧会に出品しパイオニア総合研究所(埼玉)には、パブリック・コレクションとして常設展示されている。

作品は、ベニヤ板やアルミニウム、メッキ鋼板、鉄板、さらにFRPといった質感の強い多様な素材を用い、ビス止めやリベット止めによっていくつかの平面や曲面を接続するという方法で形成されたものが多い。

本財団助成による海外研修

平成7年3月より中国・チベットで研修。

平成6年度五島記念文化賞

名前をクリックするとプロフィールが御覧頂けます。

部門名前受賞対象所属(受賞時)研修地
オペラ立野 至美ソプラノヴェルディ音楽院在学中ミラノ
オペラ久保田 真澄バス ミラノ
オペラ加藤 二義舞台美術東宝舞台(株)美術部課長ウィーン / ベルリン
美術袴田 京太朗彫刻立川美術学院講師チベット
美術菅原 健彦日本画立川美術学院講師デュッセルドルフ
美術扇田 克也ガラス工芸(財)金沢卯辰山工芸工房専門員ロンドン/プラハ

袴田 京太朗 美術新人賞研修帰国記念 個展

袴田 京太朗の成果発表の模様はこちらをクリック

袴田 京太朗 美術新人賞研修帰国記念 個展の模様 乾くことと死ぬこと
袴田 京太朗

チベットに抱いていた憧れは簡単に押しつぶされ、そこには生々しい「現実」があった。しかしある時、失意の中にいたはずの僕は、この場所が何か異様に澄み切った静謐なものに包まれていると感じ唖然とする。同時に、ここを訪れたときから自分はそのことを知っていたのかもしれない、と思う。

人の欲とバターランプの匂いに満ちたチベットの寺は、背後の乾いた山々に突き放され、浄化されていく。それは残酷ですらなく、艶やかで、滑稽で、静かな、腐敗しない死と共にある。

袴田 京太朗 美術新人賞研修帰国記念 彫刻

日時平成11年11月30日 ~ 12月12日(日)
場所ヒルサイドフォーラム(代官山)

 

平成11年度 海外研修成果発表のご紹介

袴田京太朗(美術) 個展
日時平成11年11月30日(火)~12月12日(日)
場所ヒルサイドフォーラム(代官山)
長沢明(美術) 個展
日時平成11年11月22日(月)~12月4日(土)
場所ガレリア・グラフィカ(銀座)
村松画廊(銀座)
東島毅(美術) 
日時平成11年8月23日(月)~9月24日(金)
場所第一生命南ギャラリー(有楽町)
長橋秀樹(美術) 個展
日時(1) 平成11年6月4日(金)~7月2日(金)
(2) 平成11年6月8日(火)~6月26日(土)
場所(1) スカイドア(青山)
(2) SOL(早稲田)
天羽明惠(オペラ) ソプラノリサイタル
日時平成11年6月2日(水)
場所紀尾井ホール