文化・芸術

五島記念文化賞

五島記念文化賞 (平成4年度新人賞)

Avatar

藤川 泰彰 ふじかわ やすあき

テノール 香川県高松市出身

下記プロフィールは受賞時の情報を掲載しております

昭和58年国立音楽大学声楽学科卒業。在学中より布施隆治氏に師事。
大学卒業後は、郷里で教鞭をとるかたわら田口興輔氏のもとで声楽の勉強を続け、四国二期会のオペラ公演に参加。
昭和58年に「泣いた赤鬼」の赤鬼を、昭和63年に「魔笛」のタミーノを演じた。

平成元年、2年に東京オペラ・プロデュースによる「オテロ」に出演。平成3年5月にBunkamura主催の日中合作オペラ「魔笛」の北京公演においてタミーノを演じ、11月のオーチャードホールでの公演にも同役で参加、いずれも好評を博している。

本財団助成による海外研修

平成4年10月のBunkamura「魔笛」で再びタミーノ役を務めた後、イタリア・ミラノで研修。

これまでの主な受賞歴

1989第20回イタリア声楽コンコルソ イタリア大使杯
1990第26回日伊声楽コンコルソ 第1位

平成4年度五島記念文化賞

名前をクリックするとプロフィールが御覧頂けます。

部門名前受賞対象所属(受賞時)研修地
オペラ塩田 美奈子ソプラノ二期会会員ミラノ
オペラ藤川 泰彰テノール二期会会員、明星学園高校教論ミラノ
オペラ伊藤 明子演出(株)ストーリーレーンロンドン
美術松井 紫朗彫刻京都精華大学、成安女子短期大学非常勤講師デュッセルドルフ
美術坂本 幸重日本画日展所属フィレンツェ
美術松本 秋則造形 東南アジア

藤川 泰彰 オペラ新人賞研修帰国記念 テノールリサイタル

藤川 泰彰の成果発表の模様はこちらをクリック

藤川 泰彰 オペラ新人賞研修帰国記念 テノールリサイタルの模様 藤川 泰彰 オペラ新人賞研修帰国記念 テノール・リサイタル

1989年、1990年に東京オペラ・プロデュースによる「オテロ」に出演。91年にはBunkamura主催の日中合作オペラ「魔笛」の北京公演においてタミーノに抜擢され、11月のオーチャードホールでの公演にも同役で参加、いずれも好評を博している。その後、「ドン・ジョヴァンニ」のドン・オッタービオ、「コジ・ファン・トゥッテ」のフェランド、「アルジェのイタリア女」のリンドーロ、「ラ・ボエーム」のロドルフォ、「道化師」のペッペなどで出演。95年にはカーネギーホールでのベートーヴェン第九交響曲演奏会にテノール・ソロで出演するなど、コンサートでも活躍している。今年9月の二期会公演「メリー・ウィドー」に出演予定。

日時平成9年9月4日(木)
開演19:00
場所紀尾井ホール
主催財団法人 五島記念文化財団
ピアノ久邇 之宣
協賛出演針生 美智子(ソプラノ)
プログラム第1部
G.パイジェッロ「もはや私の心には感じない」
A.チェスティ「私の偶像である人のまわりに」
F.P.トスティ「マレキアーレ」
「別れの歌」
「暁は光から」
F.J.オブラドルス「いちばん細い髪の毛で」
P.チマーラ「海の幻想」
R.レオンカヴァッロ「朝の歌」
G.ヴェルディ歌劇「リゴレット」より
マントヴァ公爵のアリア『女心の歌』
プログラム第2部
J.トゥリーナ「歌のかたちの詩」
「献呈」
「けっして忘れないで」
「唄」
「ふたつの恐れ」
「恋に夢中」
G.ドニゼッティ歌劇「ランメルモールのルチア」より
ルチアのアリア(狂乱の場)

『あのやさしい声が~にがい涙をそそげ』
ルチア:針生 美智子

歌劇「ランメルモールのルチア」より
エドガルドとルチアの二重唱

『ルチア、許してくれ』
ルチア:針生 美智子
J.マスネ歌劇「ウェルテル」より
ウェルテルのアリア
『春風よ なぜ私を目覚めさせるのか』

 

平成9年度 海外研修成果発表のご紹介

矢延憲司(美術) 個展
日時平成10年3月20日(金)~5月5日(火)
場所キリンアートスペース原宿
古伏脇司(美術) 個展
日時(1) 平成10年1月12日(月)~2月7日(土)
(2) 平成10年1月12日(月)~31日(土)
場所(1) ギャラリーなつか(銀座)
(2) ギャルリ・プス(銀座)
柳幸典(美術) 個展
日時平成9年12月12日(金)~平成10年1月31日(土)
場所フジテレビギャラリー(台場)
菅原健彦(美術) 個展
日時平成9年12月9日(火)~21日(日)
場所東京セントラルアネックス彩壷堂(銀座)
藤川泰彰(オペラ) テノールリサイタル
日時平成9年9月4日(木)
場所紀尾井ホール
福井敬(オペラ) テノールリサイタル
日時平成9年6月16日(月)
場所紀尾井ホール
扇田克也(美術) 個展
日時平成9年5月8日(木)~24日(土)
場所マスダスタジオ(大久保)