文化・芸術

五島記念文化賞

五島記念文化賞 (平成4年度新人賞)

Avatar

松本 秋則 まつもと あきのり

造形 埼玉県大里郡出身

下記プロフィールは受賞時の情報を掲載しております

昭和45年埼玉県立熊谷工業高校卒業。
卒業後、会社勤めをするかたわら独学で美術、音楽、演劇、舞踊などを学ぶ。

昭和53年「第12回日本国際美術展」での佳作賞受賞を皮切りに、「国際ビデオ・アート展」「第4回東京展」「第5回神奈川版画アンデパンダン展」などに出品。
昭和55年に伊志井画廊で初個展を開催。
昭和57年より廃物を利用した音具の制作をはじめライブハウスに出演したり、「音のオブジェ展」(昭和58年:青山アート・サロン)、「廃物オブジェ・コンサート」(昭和59年:駒井画廊)、「音のパフォーマンス展」(同年:池袋・西武ギャラリー)と次々に個展を開催。
昭和59年の「第1回オブジェ展」(渋谷パルコ)では奨励賞を受賞。
その後も、14回の個展を開き、「アトリエ・ヌーボー・コンペ」「東京野外現代彫刻展」などに出品して10回受賞するなど¨サウンド・オブジェ¨の制作発表で活躍している。

本財団助成による海外研修

平成4年12月から東南アジア諸国を歴訪し、民族芸能の研究を行う。

平成4年度五島記念文化賞

名前をクリックするとプロフィールが御覧頂けます。

部門名前受賞対象所属(受賞時)研修地
オペラ塩田 美奈子ソプラノ二期会会員ミラノ
オペラ藤川 泰彰テノール二期会会員、明星学園高校教論ミラノ
オペラ伊藤 明子演出(株)ストーリーレーンロンドン
美術松井 紫朗彫刻京都精華大学、成安女子短期大学非常勤講師デュッセルドルフ
美術坂本 幸重日本画日展所属フィレンツェ
美術松本 秋則造形 東南アジア

松本 秋則 美術新人賞研修帰国記念 個展

松本 秋則の成果発表の模様はこちらをクリック画像ギャラリー

松本 秋則 美術新人賞研修帰国記念 個展の模様 松本 秋則「バンブー族の祭り」
村田 真(美術ジャーナリスト)

松本秋則の作品を粗描してみよう。竹、木材、和紙といった自然素材で骨格を組み立て、そこにモーター、ゼンマイ、プロジェクターなどを仕掛けて、光をともし、風を送り、音を出すというインスタレーションだ。観客はその中を巡り歩くことで、様々に変化する光や音を五感で体感できる。といってもテクノロジー・アートと呼ぶにはあまりにローテクであり、インタラクティヴ・アートというほど偉そうなものではない。確かに参加型・体験型の作品には違いないが、そんなカテゴライズを無効にするかのような野性の力が、彼の作品から漂ってくるのだ。(寄稿より)

松本 秋則 美術新人賞研修帰国記念 造形

日時平成7年9月1日(金) ~ 29日(日)
場所ストライプ・ハウス美術館(六本木)

 

平成7年度 海外研修成果発表のご紹介

土屋公雄(美術) 個展
日時平成8年2月9日(金)~5月19日(日)
場所原美術館(品川・御殿山)
塩田美奈子(オペラ) ソプラノリサイタル
日時平成7年9月3日(日)
場所Bunkamura オーチャードホール
松本秋則(美術) 個展
日時平成7年9月1日(金)~29日(金)
場所ストライプ・ハウス美術館(六本木)
足立桃子(オペラ) トーク・コンサート
日時平成7年7月21日(金)
場所王子ホール(銀座)
松井紫朗(美術) 個展
日時平成7年7月3日(月)~29日(土)
場所東京画廊(銀座)
柳沢正人(美術) 個展
日時平成7年6月19日(月)~24日(土)
場所資生堂ギャラリー(銀座)