財団紹介

ご挨拶

ごあいさつ

東急グループは「まちづくり」を中心とするさまざまな事業を通じて、安心で豊かな暮らしの実現に取り組んでおります。このために、収益事業のみならず、社会貢献活動も重要な事業として位置づけ、その中で財団活動も長年にわたり行ってまいりました。

このたび統合しました「とうきゅう環境財団」「とうきゅう留学生奨学財団」「五島記念文化財団」の3つの財団は、それぞれ設立時の社会課題を踏まえ、その解決に主体的に取り組む個人の方や団体への支援事業を中心に行い、地域社会の福祉向上、国際親善、文化芸術の振興に尽力してまいりました。

最初の財団設立から45年が経ち、社会を取り巻く環境は大きく変化しており、これまでの取り組みが一定の成果を出す一方、新たな社会課題も生まれております。
また、NPOなど、社会課題に取り組む主体も多様化し、これまでそれぞれの財団で支援を行ってきた活動対象の枠を超えた、さまざまな取り組みも行われております。

このような社会的背景の変化を踏まえ、ここに3つの財団が統合し「東急財団」として新たにスタートいたしました。それぞれの財団の設立時の想いは大切に引き継ぎながら、社会課題の解決によりいっそう貢献できる事業の展開に取り組み、豊かな社会の実現を目指していく所存でございます。
今後とも、ご支援のほど、何とぞよろしくお願い申し上げます。

公益財団法人 東急財団
理事長 越村敏昭