環境

学術研究成果リスト

学術研究詳細

研究課題 | Project

巨大都市を流れる多摩川流域で薬剤耐性遺伝子を伝播しうるプラスミドの同定とその伝播経路の解明
Identification of conjugative plasmids harboring antibiotic resistance genes in the Tama River flowing through mega city Tokyo

学術研究
Academic
Research
No.355
代表研究者
Principal
Investigator
新谷 政己
Masaki SHINTANI
所属(採択当時)
Affiliation
静岡大学大学院総合科学技術研究科
Graduate School of Integrated Science and Technology, Shizuoka University
研究内容要約
Research
Summary

プラスミドは種々の細菌間を移動可能な遺伝因子である。

薬剤耐性遺伝子を「運ぶ」プラスミドは、多剤耐性菌の出現や蔓延にも寄与するため、その実態を知ることは非常に重要である。

しかし、薬剤耐性遺伝子自体の存在量や分布調査はなされているものの、こうしたプラスミドが、実際の環境中で伝播するのか、またどの細菌間を伝播可能なのかを調査した例は極めて少ない。

そこで本研究では、巨大都市東京を流れる多摩川流域からプラスミドを収集して、どのような種類のプラスミドが存在し、薬剤耐性遺伝子を伝播しうるのか検証した。

その結果、IncP-1群やPromA群というグループのプラスミドを含む、多様なプラスミドを多数得ることに成功した。

また、これらのプラスミドには、重要な薬剤耐性遺伝子(カルバペネム耐性遺伝子)を搭載するものも含まれていた。

さらに新たに得られたPromA群プラスミドについては、広範な種類の細菌に接合伝達することも判明した。



Understanding the mechanism of drug resistance gene transmission by conjugative plasmids is important for preventing the spread of multidrug-resistant bacteria. Exogenous plasmid capturing was performed with microbes in the Tama River. Broad host range plasmids belonging to new types of IncP-1 and PromA groups were successfully obtained. Some IncP-1 plasmids possessed multi-drug resistance genes, including carbapenem-resistance gene. These results suggest that several kinds of plasmids are involved in the spread of antibiotic resistance genes in the Tama river.


共同研究者
Collaborators

道羅 英夫
森内 良太


Hideo DORA
Ryota MORIUCHI

研究全文
Full Text