今日の多摩川とお知らせ

公益財団法人 とうきゅう環境財団

Report Detail - 「奥多摩VCボランティア会だより 2012年11月」

  • 05
  • 2012  DEC
「晩秋の川苔谷と百尋の滝ハイキング」  実施日:2012年11月24日
 
    今月は11月24日(土)に実施した「晩秋の川苔谷と百尋の滝ハイキング」を紹介いたします。川苔谷は奥多摩のハイキングで人気の高い川苔山の西北部を水源とするいくつかの谷をあわせて流れる渓谷で、日原川、多摩川へと合流してゆきます。川苔谷の呼称はこの川から産する緑藻の「川のり」から名付けられたもので、現在は語呂あわせで川乗谷、川乗山といわれるようになりました。百尋の滝は川苔谷の上流に位置し、奥多摩随一の名瀑で、百尋とは滝の高さを誇張して云われた名称です。川苔谷には大小の滝が点在し、周辺の水源林の森と合わせて、素晴らしい渓谷美をなし、奥多摩のセラピーロードにも認定されています。奥多摩駅からバスで川乗橋まで行き、川苔林道→登山道→百尋の滝→滝の手前から川苔林道→川乗橋に戻る周遊コースで、高低差約400m、歩行距離約10kmで、5時間程度のハイキングコースです。手軽なハイキングコースとは云え、登山道は片側が深い谷に落ち込んでいる箇所が続き、慎重な行動と十分な登山装備が必要です。

登山道入口の細倉橋で小休止

川苔谷の紅葉

清流流れる川苔谷を百尋の滝へ向かう

45年前歩いた時と同じ姿の三筋の滝

鹿の骨を観察する参加者

百尋の滝の豪快な流れに魅入る参加者

観曝台からの百尋の滝と紅葉

林道(リンドウ)に咲く竜胆(リンドウ)

 
報告者:清宮利夫

ホームページもごらんくださいhttp://www13.ocn.ne.jp/~okutamav/event_info.html

公益財団法人 とうきゅう環境財団 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷一丁目16番14号(渋谷地下鉄ビル8階) 電話(代表)03-3400-9142