環境

一般研究成果リスト

一般研究詳細

研究課題

浅川における野鳥の長期間継続調査結果から見た動向及び環境変化との関連を考察する調査研究

一般研究 No.231
代表研究者 粕谷 和夫
所属(当時) 八王子・日野カワセミ会 会長
研究内容要約

「数え上げた浅川流域の野鳥Ⅲ」(A4判、202ページ)を2016年12月に500部発行した。内容は、・約30年間の定期カウントで分かる野鳥の増減、・カウントコース別の分析、・その他17項目の野鳥に関する調査の概要と分析結果をまとめた。これをマスコミ等に公表するとともに、国会図書館、東京都図書館、地域や大学の図書館、関係官公庁、試験研究機関、野鳥関係の団体・個人、自然保護団体などに400部配った。この冊子は、好評で称賛と問い合わせが多数寄せられている。

9月23日~28日まで八王子市学園都市センターで「八王子・日野の野鳥展」を開催した。野鳥展では、上記冊子の内容を要約したパネル、支援先の小学生の絵、会員が撮影した野鳥の写真、カービング等を展示、野鳥のブローチ作り教室、DVDによる探鳥会のPRなどを行った。野鳥展には八王子市長、市議会議長、市民、野鳥関係者など約900名が来場し好評であった。


共同研究者
研究全文