環境

多摩川へ行こう!

多摩川へ行こう!

8浅川

多摩川の支流のひとつ、浅川は、八王子市と日野市といった都市を流れる川です。

 
都市を流れる川の多くは、台風や集中豪雨による水害をふせぐという理由で、川岸をコンクリートでかためています。水の力で川底がえぐられないよう、川底にまでコンクリートをしいている川もあります。

 
そうなると、川岸から草木がなくなるのはもちろんのこと、水生こん虫や魚などの生き物も、すみかや食べ物を失い、姿を消してしまいます。

 
住宅や工場がふえたために、生活排水や工場の排水が流れこんで、どぶ川のようになってしまった川もあります。

 
浅川の場合も、高尾山から流れだす南浅川上流のきれいな水にくらべると、ずいぶんよごれています。それでも、川原に自然が残っているために、さまざまな植物や生き物の姿が見られます。

 
最近では、都市の川もなるべく自然に近い姿にもどすよう、流れに瀬や淵、わんど(入り江)をつくったり、植物を植えたりする試みがはじまっています。

 

 

★多摩川の水質を調べてみましょう。水のよごれの原因についても考えてみましょう。

浅川の源流付近

その他のエリア