環境

多摩川へ行こう!

多摩川へ行こう!

6秋川渓谷

多摩川には、いくつかの支流があります。檜原村から流れだす秋川もそのひとつで、多摩川の支流としてはいちばん大きな川です。

 

秋川は、五日市町、秋川市をとおって多摩川に合流しますが、五日市町あたりからは、流れも比較的ゆるくなり、川原も広くなるので、いろいろな川遊びが楽しめます。

 
浅瀬を石でせきとめて、ダムをつくったり、ささ舟を流したり。夏だったら流れにのって泳ぐのもいい気分ですね。

 
ガラス箱やゴーグルを使って、水中の世界をのぞいてみましょう。川の底には、いろいろな水生こん虫がすんでいて、ふつう、川虫とよばれています。魚の好物なので、魚つりのえさにもなります。

 
川虫をつかまえるには、石をもちあげて裏をさがすか、川虫とり用の網をつかいます。網を川下にかまえて、川底の小石や砂利を足でかきまわすようにすると、川虫が網に入ってきます。

 

 

★川虫は種類によって、からだの形や、すむ場所がちがいます。どんな川虫がどんなところにいるか、調べてみましょう。

秋川渓谷で川遊び

その他のエリア