環境

多摩川へ行こう!

多摩川へ行こう!

5羽村堰と玉川上水

羽村市には、水道用水の取り入れ口があります。ここで流れは堰によって止められ、大半の水は、堰のわきにある水門から、玉川上水へと流れます。

 
玉川上水は、今から340年ほど前に、羽村から江戸のまちまで引かれた水道です。多摩川から取り入れた水がそのまま人びとの飲み水になっていました。

 
玉川上水の工事は、幕府の命を受けた庄右衛門・清右衛門兄弟が中心になってすすめました。全長43km、高低差90mという大工事でしたが、わずか8か月で完成しました。

 

 

★どんな方法で工事をしたのか、調べてみましょう。

玉川上水

その他のエリア